はてな問答〔術技〕

 

竹内流の

術技のことなら

何でもなんじゃもんじゃ

 


 《腰廻小具足の名称》

【問い】竹内流のお家芸は「こしのまわり」だと聞いたんですが、「こしのまわりこぐそく」ではないんですか。

【答え】普通は「こしのまわりこぐそく」と言っていますが、略した言い方「こしのまわり」です。「こぐそく」と略すこともあります。

 

【問い】「こしのまわりこぐそく」を漢字で書いたらどうなるのですか。

【答え】江戸時代の目録には、「腰廻小具足」「腰之廻小具足」の二通りが登場します。どちらが間違っているというものではありません。竹内流では庶民と武士が一緒に稽古をしていましたので、平生の稽古では「こしのまわりこぐそく」と口で言うだけでした。ただ、目録を書く段になると漢字を使いますので、師によって表記の仕方が異なったというだけのことです。ちなみに、現在の相伝家は「腰廻小具足」と表記しています。

 

【問い】ネット上には、「小具足腰廻」という業形が見られますが、「腰廻小具足」と同じなのですか。

【答え】竹内流には、「小具足腰廻」という業形は存在しません。竹内家所蔵の史料には「腰廻小具足」と「腰之廻小具足」だけしか載っていません。

 

【問い】でも、竹内流のホームページに載っていますよ。

【答え】ご覧になったホームページは「竹内流」のものではありません。「竹内流」の三文字があって紛らわしいですね。そのサイトには、確かに「小具足腰廻」という言葉が載っています。

 この「小具足腰廻」という言葉は、倉敷市の「日新館」道場や岡山大学古武道部OBの方々を中心に使われ始めました。昭和40年(1965)頃から登場した造語です。

 竹内流では「こしのまわりこぐそく」です。漢字で書いたら「腰廻小具足」または「腰之廻小具足」です。

 

 


《礼の基本》

新規:2017年11月21日

~アタマの体操のこたえ~

 礼には「はじめの礼」と「おわりの礼」がありますね。「初心者の稽古」のページでは、「はじめの礼」のしかただけを取り上げました。

 そこで出題された「アタマの体操」のこたえ

 

【問い】竹内流の「こぐそく」(座位)のはじめの礼は次の順序で行うのが基本です。では、「こぐそく」(小具足)、「はで」(羽手)、「ぼう」(棒)の「はじめの礼」に共通する所作は、 1~12のうちの何番でしょうか。6つ選んでください。

 

「こぐそく」(座位)の礼

  1. つま先を立ててをつき、着座します。
  2. 相手の目をじっと見つめます。
  3. 小具足(小刀)を置きます。
  4. 左手三本指を床につきます。
  5. 右手三本指を床につきます。
  6. 相手を注視しながら頭をたれて謝意等を以心伝心で伝えます。
  7. 頭をあげて相手の目をじっと見つめます。
  8. 小具足(小刀)いただきます。
  9. 右手を逆手にして小具足の柄(つか)を握ります。
  10. 小具足(小刀)を腰に帯びます。
  11. 右手と左手を膝に戻します。
  12. 相手の目をじっと見つめたまま、次の所作に移ります。

【答え】「こぐそく」(座位)、「はで」(蹲踞・そんきょ)、「ぼう」(立位)の「はじめの礼」に共通する所作は 、次の6つです。

2)相手の目をじっと見つめます。

4)左手三本指を床につきます。

5)右手三本指を床につきます。

6)相手を注視しながら頭をたれて謝意等を以心伝心で伝えます。

7)頭をあげて相手の目をじっと見つめます。

12)相手の目をじっと見つめたまま、次の所作に移ります。

 

 

 


《心要歌》

【問い】竹内流の『心要歌』ってなんですか。

【答え】竹内流の兵法の心得を五・七・五・七・七の道歌に託したものです。道歌は五十九首です。竹内流の二代目がまとめ上げ、門人に説いていました。

 それ以来、竹内家に代々伝えられています。門外不出の取り扱いです。1

 

【問い】竹内家に伝わっている『心要歌』は、どうして門外不出だったのですか。

【答え】二代目竹内常陸介久勝伝来の「心要歌」は、竹内家の師が門人に兵法を説くときの「虎之巻」だったんです。すべてを渡してしまったら、師は裸同然ですよ。小出しにして流儀の心を説いていたのです。

 

【問い】高弟の中には『心要歌』を相渡された人がいたとか聞いたのですが。

【答え】それは確かです。

  • 相応の稽古を積んだ門人
  • 起請神文を認(したた)めた門人
  • 師へ相応の報酬を納めた門人

 この三条件を満たした高弟です。もちろん、師弟一体となって竹内流を支えていた方々です。

 えっ、起請神文をしたためた門人? そうです、誰にも教えたり、一点一画も書き写しをしないと誓った門人です。仁義をわきまえた人ばかりです。

 

新規:2017年10月02日

【問い】『心要歌』には、どのような道歌があるのですか。

【答え】そうですねえ、あなたが “義理の深い人” だと思って教えるとなると、こんな道歌ではいかがですか。

 現代仮名遣いで表記します。

  義理深き人と思えば兵法の

  極意残さず教え伝えよ

 


《起請神文》 

【問い】「きしょうしんもん」(起請神文)にはどんなことが書かれるのですか。

【答え】「残らず教えてください」とお願いするのですから、師は条件をつけます。

  • 雖為御目録一字一点写申間敷事
  • 「目録の一字一点も書き写したりはしません」(現代語訳)

 また、こんな条件もあります。

  • 雖所為親子兄弟教申間敷事
  • 「親子兄弟にも教えたりはしません」現代語訳)

 門人はこのようなことを起請神文に書いて師へ差し出すのです。

 要するに、師弟の約束ですね。

 

【問い】門人の中には、約束を破る人がいるのでは?

【答え】そんな人は一人もいません。

 なぜって? 起請神文というのは、神に誓って約束をするんです。神罰、つまり破門を覚悟で約束を破る人なんていません。

 あ、そうそう、だいじなことがあります。

 竹内流の門人は、『心要歌』で「仁義礼智信」を心に刻み込んでいます。

  • 「兵法の奥義に仁義礼智信たえずたしなみ気遣いをせよ」(現代仮名遣い)

 門人は、仁義を心得て、礼智信に篤い人ばかりです。形の稽古をしているばかりではないのです。