竹内流捕手腰廻小具足          「柔術の源流」の技と心を求めて!


 

「竹内流」Takenouchi-ryu は、

戦国時代に一ノ瀬城主 竹内久盛が創始した武術です。

「とりて こしのまわり こぐそく」(捕手腰廻小具足)を表看板に掲げ

数百に及ぶ「形」(かた)や秘伝で構成されています。

 

その術技は流祖直系の竹内家(藤一郎家・藤十郎家)が

子から子へと相続継承し、

「師」は宗家竹内藤一郎と相伝家竹内藤十郎の二人だけです。

 

へえっ、珍しい伝承の仕方ですね。

道場一帯は岡山県指定史跡「竹内流発祥の地」。

いざ、見参、たのもう!

 

 このホームページは、竹内流(相伝家)の公式サイトです。Takenouchi-ryu Since 1532 

 *「竹内流」=たけうちりゅう

「竹内流」って何? まずは動画をどうぞ!

竹内家伝来の「竹内流」(たけのうちりゅう)の演武 exfit TV 制作


竹内流は創始486周年!

腰廻小具足「わきざしおとしで」の稽古 竹内流相伝家道場前庭
腰廻小具足「わきざしおとしで」の稽古 竹内流相伝家道場前庭

◆竹内流は、天文元年(1532)旧暦6月24日、竹内中務大輔久盛(ひさもり)が創始。

その子(二代目)と孫(三代目)が形や秘伝を補って流儀を集大成。以降、竹内家が伝承!

竹内流の師は二人?

竹内家の系図の表紙
竹内家の系図の表紙

◆竹内流は、竹内家(たけのうちけ)が子から子へと相続伝承している武術です。

八代目までは竹内流の師は藤一郎だけ。しかし、流儀の血脈が絶えるのを防ぐために九代目からは宗家:竹内藤一郎と相伝家:竹内藤十郎の二本立て! 

竹内流の公式サイト!

愛宕さまの宵祭りに立つ竹内流幟旗
愛宕さまの宵祭りに立つ竹内流幟旗

◆このホームページは、竹内流(相伝家)の公式サイトです。『竹内姓系図』や『竹内系書古語伝』、伝書、口伝口承、関係書籍、墓石刻字、史跡、竹内家の民俗、流儀関係者の演武などに基づいて、公式情報を発信します。



このホームページの内容

  青 字のページだけをオープンしています。そのほかは近日公開。  


竹内流といえば「一尺二寸」!
竹内流といえば「一尺二寸」!

親・子・孫の三代にわたって完成!

◆流 祖

 竹内中務大輔久盛

◆二代目

 竹内常陸介久勝

◆三代目

 竹内加賀介久吉

 

 

竹内家代々の墓石が並ぶ墓所
竹内家代々の墓石が並ぶ墓所

竹内家が子から子へと相続継承!

◆竹内流の師

 八代目までは竹内藤一郎(通居)ただ一人!

◆血脈が絶えるのを防ぐために天保7年(1836)から…

 宗 家:竹内藤一郎

 相伝家:竹内藤十郎

 

史料/史跡

一子相伝を物語る史料の一つ
一子相伝を物語る史料の一つ

「掟」によれば師は藤一郎と藤十郎の二人だけ!

◆竹内家は流儀独自の貴重な史料を保存

 『古語伝』『掟』など

◆道場一帯は岡山県指定史跡「竹内流発祥の地」 

 その他「一ノ瀬城址」など

 

初心者の稽古    

たちまちはなるる
「たちまちはなるる」留め

基本の形は「こぐそく」「はで」「ぼう」の三つ!

◆「こぐそく」(腰廻小具足)

◆「はで」(羽手)

◆「ぼう」(棒杖)

 

 


形の目録

竹内流表目録「捕手腰之廻之事」
竹内流表目録「捕手腰之廻之事」

誰にも教えないと誓った門人だけに「目録」授与!

◆流儀の目録と起請神文

◆形の「目録」

 「捕手腰廻(腰之廻)」ほか

◆形の流れ・技・心持ち

 

流儀の心

師範の気合・気迫・残心に圧倒!
師範の気合・気迫・残心に圧倒!

流儀の心が独特の礼法や『心要歌』などに!

◆礼の基本

 「三つ指・目付・残心」

◆『心要歌』

◆『三徳抄』

 

効くゥ!「こぶしくだき」の稽古
効くゥ!「こぶしくだき」の稽古

修業の第一歩は「入門願」!

◆道場の稽古風景

◆「入門願」

◆竹内流相伝家道場

 本部道場と支部道場

 

 

岡山の「桃太郎まつり」協賛!
岡山の「桃太郎まつり」協賛!

愛宕さまのお祭りや古武道大会で戦国・江戸時代からの伝統文化を!

◆愛宕さまのお祭り

◆古武道大会

◆講座や取材の協力

 


秀将師範代と勢至師範代
世界柔道選手権大会観戦の師範代二人

「お得な情報」満載のページ! サイト最新更新情報

相伝家道場入口の石碑「竹内流発祥之地」
相伝家道場入口の石碑「竹内流発祥之地」

竹内流なんじゃもんじゃ

◆何でもお答えします

  • あれはほんと?
  • もっとくわしく!
  • どうするの?